WordPressメモ一覧

WordPressのメリット・デメリットについて。WordPressを使う前に知っておこう。初心者向け

WorePressでWebサイトを作成することを俺はススメていますが、WordPressにも、もちろんメリットとデメリットはあります。

 

今回は、WordPressを使う上でのメリットとデメリットについて書きたいと思います。

 

WordPressとは

そもそもWordPressとは何か?

WordPressは、2003年にオープンソース(ソースコード(ソフトウェアの設計図のようなもの、プログラム)を無償で公開して、誰でも自由に改良・再配布できるソフトウェアのこと)のブログ作成システムとして公開されました。

 

WordPressがオープンソースであるおかげで、世界中の技術者たちが開発に加わることができ、利用者のニーズに合わせてバージョンアップが繰り返されています。こうしてWordPressは、単なるブログソフトとしてだけでなく、CMS(コンテンツ管理システム)(ウェブサイトのコンテンツ(テキスト・画像など)のデータを管理し、それらをウェブページとして表示させるシステムのこと)として利用されるようになりました。

 

WordPressは圧倒的なシャア率があり、国内でも大手企業がコーポレートサイトの制作にWordPressを利用していたりします。

 

 

WordPressを使うメリット

無料で使うことができる

オープンソースであるWordPressは無料で使うことができます。

個人での利用・商用利用を問わず、費用はかかりません。

※Webサイト運営のためのサーバーとドメイン費用はもちろん発生します。

 

 

専門知識がなくてもWebサイトを簡単に作成できる

コンテンツの追加・編集・削除などの作業は、専用の管理画面(ダッシュボード)で行います。

以前は、ホームページを開設するにはHTML、PHPなどの専門知識が必須でしたが、WordPress管理画面での基本操作には専門知識やスキルが不要なので、簡単にサイトを作成することができます。

 

 

Webや書店に参考資料がたくさんある

WordPressの人気の高さは、これからウェブサイトの制作を始めるにはとても大きなメリットです。

なぜなら、もし使い方がわからなかったりトラブルが生じたりしても、解決しやすいからです。

書店に行けばWordPressに関連する本がたくさん並んでいるし、ウェブで検索すれば丁寧に解説されたサイトがたくさん見つかります。

私もWordPressの簡単さや便利さに惚れて、このサイトを作成していますが、検索してみると同じようなサイトはたくさんあります。

 

Googleで、「wordpress 地図の出し方」とか、「wordpress 問い合わせ」など、頭にwordpressを入れて、やりたいことを検索してみると手順を教えてくれるサイトはたくさん出てくると思います。

 

 

「テーマ」でデザインを自由に選べる

Webサイトで大事な「見た目(デザイン)」は、テーマを選ぶだけで簡単に設定することができます。

テーマは本当にたくさんあります。

自分で作成したいデザインのテーマを見つけることで、HTMLやPHPなどの専門知識がなくてもWebサイトをデザインすることができます。

 

 

「プラグイン」で必要な機能を追加することができる

プラグインは、WordPressの機能を拡張するプログラムです。

必要に応じて、サイトにいろんな機能を追加することができます。

 

たとえば、サイト内にGoogleMapを設定するプラグインや、簡単にお問い合わせフォームを作成できるプラグインなど、多種多様です。

プラグインは、そのほとんどを無料で利用することができます。

 

 

アフェリエイトを自由に使うことができる

ブログを書きたいだけなら、すでにあるサービスを利用すれば記事を書くだけでブログを作成できますが、せっかく自分専用のWebサイトを持つならアフェリエイトも導入したいところです。(私の価値観ですが笑)

 

既存のサービスで作成したブログだとアフェリエイトの制限があったりしますが、WordPressを使って作成した自分専用のサイトなら制限はありません。

 

作成するWebサイトのテーマにあった広告を入れて、自由に記事を作成することができます。

 

 

 

WordPressを使うデメリット

管理画面の専門用語がわかりにくい

WordPressはもともとが英語で開発されているソフトウェアです。

日本語版は、もちろん日本語に翻訳されているのですが、WordPress独自の機能名などを翻訳しているため、理解しにくい用語が出てくることがあります。

慣れるまでは、参考サイトの画像を見ながら設定したりするといいと思います。

 

 

運用コストがかかってしまう

WordPress自体は無料で利用することができるのですが、サーバーの契約費が発生してしまいます。

WordPressは、静的なWebサイトと違って、動的なWebサイトとなるため、WordPress専用のサーバーや特化したサーバーじゃないとWebサイトを開く際に重たくなって、なかなか表示されないなどの現象が発生してしまいます。

 

専用のサーバー以外にもWordPressをインストールすることはできますが、その手順も調べないと初心者にはなかなか難しい作業となってしまいます。

 

 

まとめ

このように、WordPressにもメリットとデメリットはあります。

若干のコストがかかるものの、WordPressはとても利用価値が高いソフトウェアです。

「テーマ」でデザインを簡単に着せ替えられ、「プラグイン」で必要な機能を簡単に追加することができます。そして、何と言ってもWordPress自体は「無料」で利用できます。

 

少し手間があったりはしますが、使い方をマスターすれば直感的な操作でWebサイトを構築していくことができます。

 

これからWebサイトを作成するのであれば、ぜひWordPressを使って作成することを俺はオススメします。

PAGE TOP