【お問い合わせフォーム】スパムメールが迷惑!そんな時は「ReCaptcha v2 for Contact Form 7」のプラグインを導入しよう!

最近、スパムメール系がお問い合わせフォームからガンガン送られてきて鬱陶しい。
送ってくるアドレスも1つじゃないから毎回受信拒否するのもめんどくさい。。。

WordPressでサイトを作成した方は、だいたい「お問い合わせフォーム」を作成しているかと思います。

海外からのよくわからないURLが含まれたメールが届いたり、同じような内容のメールがいろんなアドレスから送られてきたりと、迷惑したことがあるのではないでしょうか?

そんな迷惑メールの中でも「スパムメール」と呼ばれる、ランダムなアドレスで定期的に送られてくるメールを減らせるようになります。

注:)完全には無くせるわけではないようですので、過信はしないように

「ReCaptcha v2 for Contact Form 7」のプラグインを追加しよう!

ReCaptcha v2にはいくつか種類がありますが、今回は、サイト訪問者が手動でチェックを入れる「私はロボットではありません」チェックボックスの追加の仕方を解説したいと思います。

まずは、「プラグイン」→「新規追加」のキーワード欄で「ReCaptcha v2 for Contact Form 7」を検索しましょう。

「ReCaptcha v2 for Contact Form 7」が表示されたら、「今すぐインストール」でインストールしましょう。

もちろん「有効」にすることも忘れずに!

「Google reGoogle reCAPTCHA」で新しいサイトを登録する

「ReCaptcha v2 for Contact Form 7」を使用するためには、「Google reGoogle reCAPTCHA」に登録が必要です。

こちらは、Googleアカウントでログインできます。

Googleで「Google reGoogle reCAPTCHA ログイン」を検索してみましょう。

下図のような検索結果が出てくると思いますので、こちらをクリックしてログインしましょう。

ログインすると下図のような画面が開きます。

この画面で「ReCaptcha v2 for Contact Form 7」を使用するサイトを登録します。

図の赤四角で囲った部分を入力し、「送信」ボタンを押したら登録完了です。

登録が完了すると、画面に「サイトキー」と「シークレットキー」が表示されていると思います。

こちらをWordPressのContactFormで使用しますので、画面は閉じないようにしてください。

「ReCaptcha v2 for Contact Form 7」をセットアップしよう!

ダッシュボードの「お問い合わせ」→「インテグレーション」を開きます。

「サイトキー」と「シークレットキー」を入力する欄がありますので、先ほど「Google reGoogle reCAPTCHA」で登録した際に表示された各キーをコピーして貼り付けましょう。

次に、「お問い合わせ」→「reCaptcha バージョン」を開きます。

reCaptchaの使い方を選択で、「reCaptcha バージョン2」を選択して、「送信」ボタンを押します。

ここまでで、ReCaptcha v2 for Contact Form 7」のインストールからセットアップまでが完了となります。

お問い合わせフォームに配置してみよう!

「私はロボットではありません」を実際に配置してみましょう。

お問い合わせフォームが複数ある場合は、それぞれで配置が必要となります。

配置は簡単です!

下図のように、[recaptcha] を追加するだけになります。

実際に問い合わせフォームを確認してみよう!

「私はロボットではありません」のチェックボックスが追加されています。

こちらは、必ずチェックしないと「送信」ボタンを押しても送信ができないようになります。

自由にお問い合わせができる分、スパムメールの標的になりやすいです。

少しでも迷惑なメールの受診を避けるためにも、対策はしっかり行いましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事