プログラマーの仕事内容と実際に経験したことから思う大切な3つのスキルはこれ!!

プログラマーになろうと思うけど、いったいどんな仕事内容なんだろ??

これからプログラマーに転職しようと考えている人は、実際の仕事内容について気になりませんか?

プログラマーの作業範囲と呼ばれる下流工程については、色々な情報が出ていると思います。

でも、実際に現場に入った時、その全てをやるわけでは無いのです。

今回は、実際に現場でやっている内容の説明と、その仕事をする上で必要なスキルについて解説します。

これからプログラマーに転職しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

プログラマーの仕事内容とは?

任される範囲は「下流工程」の作業

システム開発には、大きく分けて、上流工程と下流工程に分けることができます。

上位工程は、ユーザー(お客様)と打ち合わせをして、要件定義書や設計書と呼ばれるドキュメントを作成します。

これは、システムエンジニア(SE)と呼ばれる人たちが主に行う工程になります。

そして、下流工程とは、そのSEの作成した設計書を元にプログラムを組んでいく工程のことになります。

詳細がよくわからない方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

実際に現場で行う仕事内容とは?

下流工程で、詳細設計書、製造、テストとありますが、実際に現場で全てをやるのかと言うと、

必ず全てやるわけではありません。

現場には、別の会社から来ているSEやプログラマーがいます。

すでに、先に入っている方が詳細設計書を作成していたり、製造を行なっていたりすることも多いのです。

そんな現場に入った場合は、テスト工程のみを行うことになります。

もしくは、製造とテストを行なっている最中で、ドキュメントに手が足りていないことがあり、

作成されたプログラムを詳細設計書に書き起こす作業だったりもします。

あとは、すでにリリースされているシステムのバグ対応改修作業のみの現場もあったりします。

未経験からプログラマーになった時、最初からガリガリプログラミングできるかな?と不安になる方も多いかと思いますが、いきなりプログラミングをメインで任されることは少ないと思ってもいいかと思います。

基本的に、自社開発で無い限りは、他社の委託先へ出向して、そこで作業を行うため、現場に入る前に今までの経歴書を持った上で、面談することになります。

それで、現場経験が浅い場合は、先に述べたように、製造部分が中心ではなく、テストやドキュメントの作業を任せられることになると思います。

作業の途中で、結構空き時間があることが多い

未経験の人は、システム開発の工程の流れや進め方がわからないと思います。

テストやドキュメント作成で現場に入ることになったら、作業の空き時間で、作成されたプログラムの中を見てみたり、工程表やその他ドキュメントなどに目を通して、勉強するといいと思います。

初心者あるあるの、用語のことや、システムの構成のこと、テスト内容のことなど、面談での会話内容がわからないことが少しずつわかるようになるでしょう。

そして、その現場の契約が終わり、次の現場へ行く時が来ます。

そしたら、また面談があると思いますので、その時に活かせられるようにしましょう。

その空き時間を無駄にするか、活かすかで、今後もテストのみドキュメントのみの作業になってしまうかどうかが、分かれてしまうと言っても過言では無いと思います。

実際に、未経験からテストのみで現場に入り、特に何も学ぼうとしなかったため、いまだにずっとテスターの知人はいます。。。

これから転職して、プログラマーになりたいと思う方は、おそらく製造工程に一番興味があると思います。

興味ある工程に関わるためにも、学べる時にはしっかり学んでいきましょう。

ゼロからの開発はほとんど無い

委託先に入って、作業を行う時、ほとんどの現場ではゼロから製造することはありません。

すでに運用されているシステムの改修やアップデート的な内容で入ることがほとんどです。

ゼロから新規で作成する現場の場合は、募集する側も条件を厳しくするため、まず未経験や新米プログラマーが行くことには無いでしょう。

ゼロからの製造と既存システムが存在することの違い

ゼロから製造する場合は、全てのことをGoogleなどを利用して調べなければなりません。

どのようなAPIを使うか、フレームワークはどうするか、共通部品としては何を作るかなど。

これは、初心者にはかなり厳しい作業となると思います。

でも、既存システムが存在する場合は、共通部品はすでに作成されていたりします。

つまり、この機能を追加する場合は、別のシステムで使用されている「この機能」の部分を探し、それをマネして作成していけばいいわけです。

何も情報が無い状態から、何かを作り出すのは、慣れるまでは難しいことです。

でも、すでにあるものを組み合わせて作成することは、プログラムが読めれば意外と簡単なのです。

プログラマーとして現場で作業するのに必要な3つのスキル

プログラムが何の処理をしているか読めること

これは、書くことより大事だと思っています。

プログラマーとして現場に入る時、必ずと言っていいほど、既存のシステムは存在します。

その中に改修を行う際に、プログラムの中身が読めないと、どんな処理をしているのかわかりません。

逆に、プログラムが読めれば、改修作業は、そこに足りてないものを追加するだけなので、簡単です。

そして、ドキュメントに落とし込む場合も、日本語で説明をつけるためにプログラムを読む必要があります。

今、プログラミングの勉強をやっている人は、おそらくプログラムの写経を行なっていると思います。

同じように、他のサンプルプログラミングも見るようにしてみてください。

これからプログラミングを勉強される方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

他人が書いたプログラムを読むスキル

これも合わせて鍛えていきましょう。

Googleでわからないことを調べるスキル

プログラミングをやる時に、わからないことは必ず出てくると思います。

そんな時、Googleを使って「調べる・組み込む・テスト」が行えるようになりましょう。

これができると、現場で他者から「すごい!」と思ってもらえます!

はい、ごめんなさい。それは嘘です。

初心者から見られたら「すごい!」と思われるレベルに達したことになるだけです。。。

凄腕の方も、当たり前のようにGoogleを使用します。

インターネットが発達した今の時代、ネットに無い情報はほとんど無いです。

いっぱいあるネット情報の中から、自分が必要としていることを調べて解決できるかがポイントとなります。

これができれば、現場に出ても不安がる必要は、だいぶなくなると思います。

そのためには、プログラミング学習の時に、自分で作成したプログラムを改造して、学ぶ必要があります。

写経が終わったから完了と思わず、その先の作成したプログラムを自分好みに改修することも勉強の1つとして組み込んでみて下さい。

聞きたいことを的確に、質問するスキル

3つ目に必要だと思うスキルは、「質問するスキル」です。

プログラムが読める、Googleで調べることができる。

それでも、わからないことはわからないです。

そんな時は、現場に長年いる方に質問しましょう。

いつまでも調べててもわからないものはわからない。

そんなことに時間を使うくらいなら、質問した方がいいです。

ただ、ここで「的確に」と言っているのは、質問する内容をしっかり整理する必要があるからです。

質問される側も、何らかの作業を行なっております。

頭の中もその作業のことでいっぱいです。

グダグダと余計な話をしてしまうと、相手は何が聞きたいのかがわかりません。

そして、イライラもしてきます。

「どの処理で」「どんなことをしたいか」をしっかりと整理してから質問するようにしましょう。

大切な3つのスキル
  1. プログラムを読むスキル
  2. Googleでわからないことを調べるスキル
  3. 質問するスキル

今、プログラミングを勉強している人も、これからプログラミングを勉強する人も、この3つのスキルも合わせて実行できるように、勉強してみて下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事