【個人事業主になる方法】これから副業を始める方は、個人事業として登録しよう!登録するメリットとデメリット

個人事業主って、どうやったらなれるんだろう?
むしろ、個人事業主になる必要あるの?

そんな疑問にお答えしたいと思います。

この記事を読むことでわかるポイント!
  • 個人事業主になるためにやること
  • 個人事業としての登録のやり方
  • 個人事業主になるメリットとデメリット

僕自身が、サラリーマンをやりながら、個人事業登録を行い、個人事業主として複業を行っています。

「自分のやりたいことを仕事にしたい」と思っている知人や後輩などから、質問がよくあったので、今回の記事をまとめてみました。

実際に登録を行う時にやったことを元に記事を作成しております。

個人事業主として登録したい方は、この記事を参考にしてみてください。

個人事業主になるには

個人事業主とは

個人事業主とは、会社を設立せずに、個人で事業を行う人のことです。

個人事業主として、活動するためには、近くの税務署に行って「開業届」を提出する必要があります。

フリーランスとかも、個人事業主の一種ですね。

なるために必要なこと

先に述べましたが、個人事業主になるには「開業届け」の提出が必須です。

開業届に記載するために必要なことは、この3つ

開業届に記載するために用意しておく必要があるもの
  • 職業
  • 屋号
  • マイナンバーカード

「職業」は、どんなことで事業するかを書きます。

ブログやアフィリエイトをやるなら「Webサイト運営」とか、ライティングをやるなら「文筆業」です。

事業内容で事業税の課税対象になるかを判断されるので、決めたら一度確認してみたほうがいいですね。

ちなみに、職業はメインのものが決まっていなければ、複数書いても大丈夫です。

「屋号」は、あってもなくてもいいのですが、屋号をつけなければ実名のみになります。

屋号があった方が、名乗る時や名刺などに書けるし、何となく信頼度も上がります。

僕は、個人事業を始めるなら、屋号を決める方をオススメします。

屋号は、後から変更も可能なので、難しく考える必要はないです。

でも、名前からどんな事業内容かわかるようにしていた方がいいですね。

「マイナンバーカード」は、開業届にマイナンバーを記入する必要があるため、必須になります。

まだマイナンバーカードを持っていない方は、まずはマイナンバーカードの申請からしましょう。

メリット

経費の幅が広がり、節税ができる

個人事業主のメリットというか、「青色申告」することのメリットになります。

開業届を提出する時に、青色申告も合わせて出しましょう。

青色申告をすることで、節税ができます。

個人事業で収入を得て、確定申告を行うと「所得税」を払わないといけなくなります。

所得税は、所得に対しての税金を国に納めるのですが、「所得 = 収入 ー 経費」で計算されます。

青色申告することで、経費として申告できる幅が広がりますので、「所得」を減らすことができます。

1年間で、400万円の収入の人

経費を使わなかった場合:400万円(収入) ー 0円(経費) = 400万円(所得)

この場合、400万円が所得税の対象となってしまいます。

経費を使った場合:400万円(収入) ー 80万(経費) = 320万円(所得)

経費を使った分が差し引かれるため、320万が所得税の対象となります。

平成27年度分以降の所得税一覧表

簡単な例でしたが、経費を使うのと使わないのとでは、所得税の対象額が変わってきます。

サラリーマンの方も、節税することは可能となりますので、副業で個人事業登録される場合は、青色申告もやっておくことをオススメします。

最大で65万円の青色申告特別控除を受けることができる

最大で65万円の特別控除を受けることができます。

つまり、収入から65万円を差し引くことができるということができます。

節税のために言えば、この65万はありがたいです。

赤字を3年間繰り越すことができる

個人事業主としての活動を始めたばかりで、もし赤字になっても、その赤字分を翌年以降に繰り越して、翌年以降の3年間に発生した事業黒字と相殺することが可能だということです。

つまり、今年度200万円の赤字で、翌年に300万円の黒字だったとしても、200万円の赤字分と相殺して、100万円の黒字になるわけです。

デメリット

帳簿づけが大変

確定申告の時に提出する書類が、白色申告の時より複雑になります。

書類の種類が違ってきますので、提出するものも多いです。

事前に青色申告承認申請書を提しないといけない

青色申告は、事前に提出しておかなければなりません。

デメリットは、白色申告に比べたら、確定申告の書類が増えてだけですね。

2.近場の税務署へ行こう

       2-1.近場の税務署の調べ方

個人事業主として登録するための開業届は、近くの税務署に行って行います。

近くの税務署はどこかわからない場合は、国税局のサイトから調べることができます。

3.確定申告が必要になります

会計ソフトを使おう

日々の経費計算は、結構めんどくさいです。。。

個人でやる場合は、便利なやよいの青色申告オンライン や、freeeなどを使うといいと思います。

自分で入力は必要になるため、どうしても入力を省きたい場合は、税理士に依頼するのもいいと思います。

僕の場合は、入力を自分でやるので、やよいの青色申告オンライン を使ってます。

領収書やレシートは取っておく

日々のレシートは全て取っておくようにしましょう。

また、誰かと食事に行ったり、飲みに行った場合も、領収書をもらえるならもらっておきましょう。

その場で、経費として使えるか判断できればいいですが、なかなか難しいと思うので、とりあえず取っておく!

そして、経費の整理をする時に不要なレシートや領収書を捨てるようにしましょう。

あって困ることはなくても、無くて泣く場合がありますので笑

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事